Lorenzo Corino

バルベーラの味わいが格別であったことで記憶される、1947年の収穫のふた月後に、私は生まれました。私の歩みの中で最も根幹に関わるものとなった決定の数々は、最高の助言者たちによって下されたものであり、彼らを聞き容れて来たことで私にもたらされた恩恵は計り知れません。私は意欲的に、また幾分かの強情さをもって近道や妥協を拒絶しつつ働き、そのために苦しむことにもなりましたが、このことはまた非常に自分の為にもなりました。イタリア内外の農業に関する公的研究の世界と出会い、それを身を以て体験したことが、自らにとってまさに天命であったことを幸せに思います。自らの父祖への感謝の念を、私は、大切な憩いと安らぎの場であり、また数多くの感動の源でもあった家業への参加をも通して表現しようと心がけて来ました。好奇心と冒険心は欠いたことがなかった私は、ブドウ栽培およびワイン醸造の研究の世界から退くや否や、マレンマの地でのバイオダイナミック農法の取り組みへの誘いに応じることになります: それが La Maliosa ラ・マリオーザです。尊大さと欺瞞を嫌う私がこよなく愛しているのは、新しい土地を知り、人々と知り合い、そして信じることです。

経歴
1972年に農学部で学士号取得後、間もなくローマの穀類栽培実験研究所
Istituto Sperimentale per la Cerealicoltura で研究活動開始。英国ケンブリッジの Plant
Breeding Institute でのCNR奨学金を得て穀類の遺伝的抵抗力に関する研究プロジェクトに着手。イタリア帰国後には実験に携わる研究員として穀類栽培実験研究所に赴任。次に赴いたヴェネト州コネッリアーノのブドウ栽培実験研究所 Istituto Sperimentale per la Viticoltura のアスティ支部においては、1989年、支部長に就任。2008年5月から2009年10月にはプーリア州バーリの「地中海地域の環境における食用およびワイン用ブドウ栽培研究ユニット Unità di Ricerca
per l’Uva da Tavola e la Viticoltura in ambiente Mediterraneo」統率職に就任。2009年12月から2012年末までアスティのワイン醸造学研究センター
Centro di Ricerca per l’Enologia 所長に就任。

様々な領域で研究活動を行って来ました: ブドウ栽培用土壌と苗の運営の概要、植物と生産性の調和、気候変化と環境に対する品種および台木の挙動、ブドウ畑の生物体系の複雑さなど。様々なプロジェクトにおいて研究責任者となり、チンクエ・テッレ国立公園での持続可能なブドウ栽培に関するプロジェクト「Labter」ではコーディネイターを担当。I.O.B.C.(オーガニックおよび総合的病虫害管理の国際組織
International Organization for Biological and Integrated Control)メンバー。S.I.G.A.
(イタリア農業遺伝学協会 Società Italiana Genetica Agraria)会員。イタリア・ブドウ・ワイン学会 Accademia Italiana della Vite e del Vino 学会員。

フランス、スイス、ドイツ、オーストリア、ハンガリー、クロアチア、スペイン、ポルトガル、チリ、南アフリカ、イギリス、アメリカなど、海外において数多くの技術派遣や研究目的の滞在を経験しました。技術的・化学的性格を帯びたワイン用ブドウ栽培分野の出版物90冊以上の著者ないし共著者でもあります。イタリア内外の研究機関、州政府、協同組合、生産者協会、企業および業界関連事業への協力実績は多数に亘ります。

常に、より田園地帯に調和した農業生産、中でも生物的防除方式を用いた運営への関心を払って来ました。イタリアでのブドウ栽培とワイン醸造の実施手法の再考は、根本的重要性を持つと考えています。環境と倫理に関わる価値観をより尊重する必要性を提言しており、その中には再生可能エネルギー資源利用への努力も確実に含まれます。私の哲学は、土壌という財産およびそれを取り巻く環境の根本的価値ならびに、果実の健やかさの向上のために前者二つを最適利用することの価値と一体となっています。私はアスティ郊外コスティリオーレ・ダスティのワインの作り手の五代目当主であり、また2013年1月からはファットリア・ラ・マリオーザ Fattoria La Maliosaのワイン用ブドウ栽培プロジェクトの運営を手掛けています。