ぶどう栽培について

ぶどう品種と栽培地域

14 1月 2016
はるか昔から農作物の原産地は必要かつ重要な価値を持ってきた。
ワインとその元となるぶどうは、間違いなく産地との歴史的なつながりを保ってこられたもので、それがワインとぶどうの農業経済的な価値をより高めてきたのである。
土地それぞれに根付いた長い歴史を持つぶどう品種はそれぞれの産地独自に生まれた知恵と融合する事で大きな財産となった。農産物と文化の融合が生まれヨーロッパにはこのような場所が多く残っておりまさに生きた見本を示している。
イタリアはもっとも古いぶどう栽培の歴史を持つ国の一つである。
同じく原産地という考え方の歴史も古くそれはVinum
Falernum にも示されている:
『ファレルノのワイン通は3つもの品種を識別することができた。
もっとも高く評価されたのはFaustianum。中くらいの丘陵で作られ今のファルチャーノ デル マッシコとカザノーバ ディ カリノーラのある丘陵に相当する。高い丘陵ではカザーレ ディ カリノーラのエリアに相当するところでil Caucinum が作られる。平野でつくられるワインには一般的な名前としてファレルノという呼称が与えられた。』(プリニウス著
博物誌 第14巻第6章より)
それ以降の歴史的な変化の中で、領主制や修道院の存在がぶどう品種とその栽培地域を守り育んできた。トカイ(世界最初の原産地呼称)やブルゴーニュ、ボルドーなどを考えるだけでもワイン作りとワイン経済とのお手本のような地域ばかりだ。
古い歴史を誇るイタリアだがワイン経済については近年発展してきたものだ。その間に程度の差はあれ多くのぶどう品種を使いつつ急激な地方分化が進みワインの原産地呼称が出来上がった。しかし逆説的な側面は明らかに他の地域で歴史を築いてきたような品種、特にフランス原産品種が導入され、栽培があちこちで奨励さえされてきたことである。
古くから栽培されてきた数多くのイタリア原産種の栽培をするのではなく別の地域のワイン、本来の喜ばれて来た味ではない味、違った文化の信者となることを選んだのだ。
この事実はとても重要なことだ。イタリア原産ではない品種を栽培することは、経済的な損失だけではなく価値の重大な喪失であることは論を待たない。フランスはフランス原産品種という財産の戦略的かつ絶対的重要性を我々に示してくれる。時をかけて世界の多くの地域で植樹され続け、看過できないほど一般化し画一的な味が市場を席巻した末に消費者はとうとう違う味を求めるようになって来た。
今まさに機は熟したと感じている。我々のもつ幅広いぶどう品種を見直す時でありその変化に富んだ独自性とポテンシャルを改め評価すべきだ。
イタリア原産品種こそがイタリアワインに、経済に、そして栽培地域へ本当の力をもたらすことを多くの人が認識し始めている。
アリアニコ、バルベーラ、カンノナウ、コルビーノ、ガルガーネガ、ランブルスコ、マルバジーア、モンテプルチャーノ、モスカート、ネッビオーロ、ネロダーヴォラ、レフォスコ、サンジョベーゼ、トレッビアーノ、ヴェルメンティーノ、ヴェルメンティーノなどを主要品種と考え、そうでない無数の品種をマイナー品種と考えるのは品種を栽培面積の大きさだけで考慮するからであって、植樹される土地に合うか、そこね根付いた品種かどうかという根源的な価値が全く考慮されていない証拠だ。
唯一イタリアだけが誇ることができる無数の文化遺産は地方ごとの偉大な、そしてその地に根付いた歴史の賜物だ。この観点からも私たちは実際に身近にある価値を見直す必要がある。実際、イタリアは世界に誇れるほどの極めて変化に富んだ環境と気候に恵まれている。

 

北はぶどうの栽培限界のあるアルプスから南は世界的にみても最も遅く収穫が行われる品種が栽培される南の海岸地帯まであり、その両極の間に様々な地域で丘陵あり、平野あり、そしてアドリア海、イオニア海、ティレニア海などに面した海岸線がある。さらに加えて独自の地形と気候を持った多くの島々もあるのだ。

 

このようなイタリアの複雑な自然環境からすれば、ふさわしい場所にそれに適した品種が必ずしも植樹されていないと認めざるを得ないのが実情だ。
ぶどう品種一つ一つに正常な成熟が必要であり植樹場所が合ったものでなければぶどうの成熟は正常に進まないのだ。
例えば、シャルドネやピノネーロ、ソーヴィニョンなどの早熟種の収穫であったとしても夏の間に収穫が行われるなど気候的に早すぎる。そういった事がおかしいとも思われず全く的外れの情報でさも利点かのように誇張され喧伝されている。
サンジョベーゼのグループを例にすると、至る所で栽培されてはいるが周知の通り本当に栽培に適した場所とはは丘陵、それも地力の弱い場所だけである。
こう考えてくると灌漑やその他の設備の設置、そしてとりわけ行き過ぎた農薬散布などの防除作業について考え直さずにはいられない、なぜならば合わない場所に合わない品種が植えられるから本来不必要な設備や処理が必要になるからだ。品種が土地に合わなければ完全なぶどうを収穫する事はできず、その結果収穫後にまでワインを矯正しごまかす必要まで生じるのだ。

 

遺伝子組み換えの研究にも言及しないわけにはいかない。
最近の研究から病気をしない生命体などというおめでたい事までも考えられているようだが果たして必要なのだろうか?
ブドウもふくむ万物はそのままで完璧であり美しいのだ。
変える必要など何もないではないか。
物事をすべて短期的な視点で評価し変えるのではなく長期的な視野のもとに評価して考えなければならないのではないだろうか。
どれだけ多くの生産者がワインの質が毎年変わる事を気候のせいだと嘆いている事かは知っていても損はないだろう。生産者はまずより慎重であるべきで、自分の土地をより良く理解し、そう遠くはない過去にどれだけ大きな変化を与えてきたかを考え直すべきだ。つまり天候のせいにするではなく根源的にものを考えて畑を作るという事だ。
この先ワインの歴史は確実に即利益を目指し投機的な投資や資源に対する無思慮などさらにめちゃくちゃな道を進むであろう。
しかしながら私は次のようにも信じているのである。
これからより多くの消費者が気づき、本物を求めるようになる事で長期的視野を持った生産者に出会うであろう。そして消費者と生産者が一緒になる事でより強固にこの国独自のワインとぶどう栽培の新たなページが開かれるであろうと。
ロレンツォ コリーノ

 

 

(訳 川村武彦)

Condividi...

0 commenti

Comments

0 commenti su "ぶどう品種と栽培地域"

There are no comments yet

Write a comment

Your email address will not be published